完堕ち

「完堕ち」とは悪堕ちの状態を説明する言葉の一つです。
快楽堕ちとほぼ同じ内容を指しますが、こちらは堕ちてしまった後の状態を指します。

「完全に堕ちる」の略であり、かつて対象を完全に堕とすような状況は(性的な)調教により肉体も精神も屈服させることが多かったため、このようなニュアンスになったと考えられます。

2020/04/03追記
かつては洗脳や調教といった手段で堕ちることを指していた「完堕ち」ですが、現在では能動的に堕ちる場合も含み、かつ悪堕ちでない場合も指すことがあり、純粋に「完全に堕ちる」というニュアンスになりました。ただしいずれの場合でも、対象者が持っていた「思想」や「属性」が変貌した結果として堕ち、身も心も主人に捧げた状態となることを「完堕ち」と呼びます。

例えば、「自分をSだと思ってるヒロイン」に「本当はドMだったことを自覚させて、服従する幸せを教え込む」というのも「完堕ち」の典型例となります。この場合は洗脳という直接的手段を用いずに対象者を堕としていく、という観点で「ソフト調教」の一種であると解釈されます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください