戦闘員化

「戦闘員化」というのは悪の組織が人物を拉致し、改造を加えることで組織の手先の戦闘員とすることです。

特撮の分野でよく用いられている手法です。
悪の組織は慢性的に人員不足であり、一般人を拉致し、改造を施すことで戦力増強を図る場合があります。
技術力で戦うか、数で押すか、その戦略は組織次第です。

悪の組織では戦闘員が最も階級が低いため、身体能力が高いヒーロー・ヒロインを悪側に引き入れた場合は幹部待遇が普通ですが、中には敢えて下級戦闘員に改造して、ギャップを楽しむ作品もあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。